たそがれ煎餅のダーツブログ

ダーツについてアレコレ書いたり書かなかったり

PERFECTに参戦したPDC選手

2019 PERFECT 第14戦 京都で

周莫默(シュウ・モモ)選手が

衝撃のデビューを飾りましたが

過去にも海外のプレイヤーが

PERFECTに参戦したことがあります。

 

ということで、今回は

過去、PERFECTに参戦した

PDC選手を紹介したいと思います。

f:id:tasogare_senbei:20190707084706j:image

 

 

 

 

 

 

マイケル・ヴァン・ガーウェン

(Michael van Gerwen)

 

いまや誰もが認める世界No.1プレイヤー!

2007年、マスターズで17歳にして9ダーツを達成!

 

【17歳のMVGの9ダーツ】



 

そしてこの年、

2007 PERFECT 第7戦 愛媛大会に参戦。

(PERFECT参戦時は誕生日をむかえたので18歳)

若さ溢れるノリノリの状態で

PERFECTに参戦しましたが

ソフトダーツにうまく対応できずに予選敗退。

 

試合動画を見つけることができませんでした。。

このとき、日本でイベント?も行っていて

その動画は昔Youtubeで見た記憶があるのですが。。

んーーー、知ってたら教えて下さい。 

 

T-Bいわく、当時のMVGは生意気な18歳で

「ベッドが狭いからホテルを変えろ」と

言ってきたそうですww

さすがMVG!18歳でなかなか言えない(笑)

 

そして、MVGはマセた悪ガキで

女子選手を片っ端からナンパしていたそうですw

岩永美保、檜山亜紗子、T-Bの奥さんにまで

声を掛けていたそうです(笑)

 

【T-B.TVで当時のMVGを語る】

 

 

 

 

 

イェル・クラーセン

(Jelle Klaasen)

 

2006年のBDO World Darts Championship(Lakeside)

当時21歳で優勝し、世界一になったクラーセン。

 

【レイクサイド2006 決勝:クラーセン vs バーニー】

 

 

翌年、BDOからPDCに移籍。

 

そしてMVGと共に

2007 PERFECT 第7戦 愛媛大会に参戦。

日本人選手を次々と倒し、見事優勝しました!

(1回戦でT-Bとも対戦しています)

 

【1回戦:クラーセン vs 福永正和(T-B)】

 

【準決勝:クラーセン vs 篠原直樹】

 

【決勝:クラーセン vs 菅原雄太】

 

 

 

 

 

アントニオ・アルシナス

(Antonio Alcinas)

 

アントニオはPDCワールドカップでも

2010年と2017年に日本代表と対戦しています。

(2010年:村松治樹 & 谷内太郎)

(2017年:村松治樹 & 山田勇樹)

 

PDCワールドカップ2010 日本 vs スペイン】

  

PDCワールドカップ2017 日本 vs スペイン】

 

 

アントニオは

2010 PERFECT 開幕戦 千葉大会に参戦しています。

そして見事優勝しました!

 

【準決勝:アントニオ vs 山田勇樹】

 

 

 

 

【決勝:アントニオ vs 大崎裕一】 

 

 

 

 

 

ホセ・オリヴェイラ・デ・ソウサ

(José Oliveira de Sousa)

 

今年PDCのQスクールを見事突破し

アーカードを手に入れたトリニダードのホセ。

2019/6/23に行われたPlayers Championship 18では

アスピナル、デ・ズワーン、ディミトリなどを

倒して決勝進出。

決勝でジェームス・ウェイドに惜しくも敗れ準優勝。

 

【決勝:ウェイド vs ホセ】



 

ホセは

2015 PERFECT 第10戦 横浜大会に参戦しています。

この年は海外選手が出場できる大会が何回かあって

ホセの他にも多くの海外選手が参戦しました。

 

【3回戦:ホセ vs 相良俊介】

 

【4回戦:ホセ vs 西哲平】


 

【5回戦:ホセ vs 治徳大伸】

 

 

 

以上、PERFECTに参戦したPDC選手の紹介でした。

海外選手の参戦は、見ているほうも面白いし

日本人選手にも良い刺激になりそうですね。

 

ちなみに、シュウ・モモ選手は

7/14(日) PERFECT 第17戦 神戸大会にも

出場する予定なので、楽しみですね!